【ロックの歴史】人種の狭間で、ロックンロールの誕生と繁栄

1950年代にアメリカで登場するのが、ロックンロール

現代まで様々な形に変化しながら続いている「ロック」の始まりであり、黒人のブルースやR&Bを基に発展した音楽。

スポンサーリンク

ロックンロールの名付け親

ロックンロールの名付け親として知られるのが、アメリカのラジオDJであるアラン・フリードという人物である。

アラン・フリード

もともとROCK(ロック)もROLL(ロール)も黒人達の間で使われていたスラングで、「ダンス・性行為」といった意味を持っていた。

次第にブルースやR&Bなどの歌詞にもロックンロールが登場してくるようになり、黒人歌手トリキシー・スミスが歌う(マイ・ベイビー・ロックス・ミー・ウィズ・ワン・ステディ・ロール)という曲から、アラン・フリードが命名したとされる。

ロックンロールはどんな音楽?

ロックンロールは黒人音楽であるブルースやR&Bを基に、白人の音楽スタイルであるカントリーミュージックを融合させて成立したものと言われている。

ロックンロールは基本的に、エレクトリックギター・エレクトリックベース・ドラムという構成で、物によってはピアノが使われたり、アコースティックギターが使われる場合もある。

ロックンロールの始まりにはいろいろな説がある。

例えば、ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツが1954年にリリースした、「ロック・アラウンド・ザ・クロック」がその一つとしてあげられる。

この曲は当時、若者の間で大評判となった映画「暴力教室」の曲として使われる。この映画は大人達から大きな反感を買う物で、曲も悪影響があるということで、映画館によってはカットされた。

しかしこの曲は確かに若者に大きな影響を与えた。

スーパースター!エルヴィス・プレスリーの登場。

現代においてもスーパスターとして広く知られているロックンローラーがエルヴィス・プレスリーという人。

後に「キングオブロックンロール」とも称されることになる存在だ。

彼の音楽は、黒人たちの音楽である「R&B(リズムアンドブルース)」と白人音楽の「カントリーミュージック」を融合させた音楽と言われており、当時のアメリカで非常に新しい音楽だった。

エルヴィスの歌い方や動き・ファッションなどは当時とても斬新な物で、若者が自由である事の象徴であり、世界中の若者に大きな影響を与えた。

逆に大人達には、認められない事が多かった。

Elvis Presley – Jailhouse Rock (Music Video)

この曲は1957年のシングル「Jailhouse Rock(監獄ロック)」で、当時俳優活動も盛んに行っていたエルヴィスの主演映画「監獄ロック」の主題歌になっている曲。

ロックンロールのイメージがつきやすいとてもいい曲だ。

この時代を代表するロックンローラーたち

チャック・ベリー

Chuck Berry – Johnny B Goode (1959)

カッチョいいギターリフを武器とするギタリスト。

ロックンロール創始者の1人で「ロック界の伝説」と敬われ、最初期のギター・ヒーローとして認知されている。

2017年(90歳)に死去するまで音楽活動を続けたレジェンド。

バディ・ボリー

Buddy Holly & The Crickets – That'll Be The Day

代表曲は「ザトル・ビー・ザ・デイ」「ペギー・スー」など。

当時のロックンロールはストリングスや管楽器、コーラスを使ったビックバンド形態のものも少なくなかったが、お金のなかった彼のバンド「バディ・ホリー&ザ・クリケッツ」は現代のバンド形態と同じ様なギター2本、ベース、ドラムスの形態を定着させた。

エルヴィスのことを認めない大人達も、彼のことは評価した。彼は、黒人的なところも反抗的なところも特になく、どこにでもいる様な見た目の白人だった。

いい声してると思う。

リトル・リチャード

Little Richard – Lucille (1957) [Long Version, High Quality Sound]

歌と演奏共に、とてもエネルギッシュなスタイルのロックンローラー。

力強い歌声と、激しいピアノ演奏が特徴的で、ピアノに片足を乗せて演奏する姿は彼の代名詞とされている。

黒人というだけでも差別の対象であった時代に、同性愛者であることを公表し2重の差別を受けながらも、ステージでは厚く化粧をするなど、差別に屈っしずに活動を続けた。

エディ・コクラン

Eddie Cochran – Summertime Blues (Town Hall Party – 1959)

当時のロックンロールはラブソングが多かった。

コクランの「サマータイム・ブルース」は、社会的な要素を盛り込んだ最初期のものだと言われている。

俺は2週間かけて
素敵な休暇を過ごすんだ
俺の悩みを持ってくんだ
国際連合にね
それで、俺は議員さんに電話した
そしたら、彼は言ったね、おやまあ
君を助けてあげたいね、お若いの
しかし、君は投票するには若すぎるね
時々俺は思うんだ
俺はどうしたらいいんだって
でも、治療法なんてないのさ
サマータイム·ブルースに効く

人種の狭間で生まれた音楽

ロックンロールは黒人音楽と白人音楽の融合とは言っても、個人的には圧倒的に黒人音楽が強いイメージがある。

当時のアメリカは深刻な人種差別問題があり、ロックンロールは確かに画期的ではあったものの、「ロックンロールが青少年の非行の原因だ」と中傷されたり、テレビでの放送禁止が行われたりする。

エルヴィスを始めとするロックンローラーたちの音楽は、アメリカ国内にとどまらず全国的に広まっていく。これが後のブリティッシュロック(ビートルズなど)旋風に影響を与えることにも繋がる。

たくさんの人が聴く音楽になり、それまで音楽を聞いてこなかった層(若者たち)にも親しまれる音楽となり、髪型や服装にも影響を受ける人たちが出始めたりした様だ。

こうしてロックンロールは物凄い勢いで誕生した。

まとめ

こうしてロックンロールは、黒人たちのR&Bから発展する形でどんどんと人気を得て行った。

曲はとてもシンプルでハッピーな感じだから、いつの時代に聞いても充分受け入れられると思うし、聞いてみたらハマる人もきっといるはずだ。

次回は、ここからロックンロールが闇の時代に入っていくところについて書いていきたいと思う。

参考図書

コメント