中村佳穂「NIA」〜こんなに適当なのに、こんなにも良い!〜

2018年に発表した1枚目「AINOU」では、音楽関係者や評論家から高い評価を受け、2021年には映画「竜とそばかすの姫」にも出演するなど、世間からの注目を多く集めた中村佳穂。

彼女の新作「NIA」は、プレッシャーや力みを全く感じさせない、いい意味で力の抜けた素晴らしい作品だった。

スポンサーリンク

肩の力を抜き、ただ「音楽」を楽しむ

「Hi my name is Kaho!」そんな言葉からこのアルバムが始まる。

まるでポエトリーリーディングのように流れる1曲目『KAPO』を聴くだけで、このアルバムに対する彼女の姿勢が伝わってくる。

そこには人気者のプレッシャーなど一切感じさせない、みんながよく知っている「ただただ音楽を楽しんでいる中村佳穂」の姿があった。

こんなにも「適当」や「投げやり」と言う言葉が、褒め言葉になるアルバムがあるのだろうか。

そんなことを考え、思わず口角が上がってしまった。

2曲目『さよならクレール』では、ドラマーに石川駿を迎えて、日本語詞をグルーヴィーに歌い上げる。

『Q日』はタイトルに相応しい脱力感とファンキーなリズムが混同した1曲になっているし、『ブラ~~~~~』は、出だしのクラシック的なアプローチが一変、Hip-Hop調になるのが面白い。

どの曲をとってもアイデアに柔軟性が感じられ、聴いているのが楽しくて仕方ない。

『MIU』ではその音の広がりから、壮大なスケールを感じさせてくれる。

1作目の『そのいのち』や、millennium paradeとの共作である『U』と同じように、大きな空間に映える彼女の歌声はとても魅力的だ。

満を辞して発表された2作目「NIA」は、肩の力がよく抜けた傑作になっている。

作品情報

作品名NIA
作者中村佳穂
レーベルSPACE SHOWER MUSIC
発売年2022年3月23日
収録01.KAPO✌
02.さよならクレール
03.アイミル
04.voice memo #2
05.Hey 日
06.Q 日
07.ブラ~
08.祝辞
09.MIU
10.Hank
11.NIA
12.voice memo #3

第1作「AINOU」で高い評価を受けた中村佳穂、待望の2作目。

ゲストに石若駿、君島大空を迎えた全12曲収録の傑作。

このアルバムもおすすめ

中村佳穂『AINOU』

中村佳穂『AINOU』〜邦楽史に残る大名盤に出会った〜【感想・レビュー】

✔️中村佳穂の1作目。
メディア・業界人から大きな評価を得たロングヒット作!

コメント