笑って免疫力を上げよう!おすすめのコメディ映画

特に学生なんかは家で暇な時間が多い今日この頃、暇つぶしもかねて思いっきり笑える映画を見ることで免疫力を上げていこうではないか。

思いっきり笑うときの体の動きは運動効果があり、健康を保つことができる。

今回は自分が今まで見てきた中で間違いなく面白いぞというコメディー映画を紹介していこうと思う。

スポンサーリンク

ジョニーイングリッシュシリーズ

映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』本予告

ミスタービーンのローワン・アトキンソン演じるジョニーイングリッシュがスパイとして大奮闘(?)する作品。

スピード感のある展開と休む間もなく押し寄せてくる笑いのポイントももちろんの事、いちいち見せる絶妙な顔の表情や細かな動きが面白さをさらに掻き立てる。

というかそれがこの映画の面白さのすべてみたいなところがある。

映画のストーリーで笑えるというよりかは、映画に登場する1人物がとにかく面白すぎるといった感じなのだ。

自分は2018年公開の「ジョニーイングリッシュ アナログの逆襲」しか見たことがなかったんだけど、この記事を書くときに調べてみたらどうやらシリーズものだったようで、他の作品もすぐに見たいと思う。

ショーンオブザデッド

【ゾンビ】ショーンオブザデッド SHAUN OF THE DEAD 【ZOMBIE】

自分の中で「ゾンビ×コメディ」は面白いという謎のジンクスがあるんだけど、その代表格みたいな作品でとても面白いのがこの『ショーンオブザデッド』だ。

ロンドンの家電量販店に勤める冴えないショーンは、その無気力で煮え切らない態度ゆえにガールフレンドのリズから振られてしまう。意気消沈したショーンだが、翌日起きてみると街中にゾンビがあふれていることに気づき、母親とリズを助け出すため居候のエドと共に奮闘する。

流れとしてはは普通のゾンビ映画によくありそうなストーリーなんだけど、普通のゾンビ映画では絶対にいらないような個性豊かなキャラクターたちが大量に登場したり、ゾンビの倒し方が全然普通じゃないところが最高に面白い。

友情や愛情なんかも描かれていて、本当に面白い作品だと思う。

ちょっとグロテスクだから苦手な人は難しいかもしれないけど、ゾンビ映画が好きな人なんかはいいと思うので見てみてほしい。

素敵な金縛り

ステキな金縛り

三谷幸喜監督の作品で、深津絵里と西田敏行。

ある殺人事件の弁護人を担当する事になった3流弁護士の宝生エミ。
被告人は「その時間は旅館で金縛りにあっていて動けなかった」と言い張っていたため、実際に旅館に泊まってみる事にする。
すると落ち武者の幽霊「更科六兵衛」が現れ宝生エミは金縛りにあってしまう。
落ち武者の幽霊に事件当日、被告人に金縛りをかけたか尋ねると「やった」と答えたので宝生エミは幽霊を証人として迎え入れることとした。

物語はどんどん面白い方向に進んでいき、最終的には感動する場面も・・・

キャストの皆さんもそれぞれの役にピッタリハマっている演技で、作中のキャラクターが際立っていた。

まとめ

今回は「笑って免疫力を上げよう!」という事で、自分がオススメするコメディー映画を紹介してきました。

一人で見ても、家族で見てもすごく楽しめる作品だと思うので是非見てみてください。

コメント