宇多田ヒカル「BADモード」〜J-POPの最先端がここに〜

まず、筆者が宇多田ヒカルのアルバムをじっくり聴いたのは今回が初めてのことだった。

2020年代のJ-POPに革新をもたらすような音作りがされている素晴らしい作品だったので、自分のように彼女の世代ではないという人にもぜひ聴いてほしいと思う。

スポンサーリンク

J-POP最先端をいくアプローチ

宇多田ヒカルがJ-POPの波に飲まれることがなく、最前線を走り続ける理由がこの作品を聴いてはっきりと分かった。

今作は新エヴァンゲリオンの主題歌「One Last Kiss」、ドラマ「最愛」の主題歌『君に夢中』などタイアップを数々含みながらも、アルバム単位での統一感や構成が輝く一枚に仕上がっている。

アンビエント(環境音楽)色の強いパートやHip-Hop的なビートの構築、EDMを前面に押し出した楽曲など多方面からの様々なアプローチを、あくまで「J-POP」という枠組みに落とし込む。

特に注目したいのはアンビエントからのアプローチだ。リズムの概念が希薄な環境音楽をJ-POPに持ち込む事が実験的でとても面白い。

それを特に感じられるのが表題曲である『BADモード』と『気分じゃないの(Not In The Mood)』の2曲。

『BADモード』は、前半わかりやすいビートで進行していった曲が2回目のコーラス終わりには音像のハッキリしないアンビエントへと変化を遂げている。その流れが非常にシームレスで、気持ちが良い。

今作の特異なアプローチを映し出す1曲目としては完璧だろう。

『君に夢中』は低音のビートが魅力的で、Hip-Hopからのアプローチを感じる。

歌い回しには安定感や落ち着きを強く感じ、Hip-Hopのアプローチがこれまたシームレスに彼女の曲として落とし込めているなと感じた。

『One Last Kiss』や『PINK BLOOD』では、音を何層にも重ね、左右に細かく振ることで3次元的な音が作られる。他の曲にも、サウンドのエンジニアリングにこだわりが見える部分が多々ある。

歌詞にも溢れる魅力

<メール無視してネトフリでも観て パジャマのままで
ウーバーイーツでなんか頼んで お風呂一緒に入ろうか>

『BADモード』では、絶好調の対義語として「BADモード」という言葉を使い、コロナ禍での抑圧された状況を等身大で綴る。

多くの人から共感を得るリアルな作詞、固有名詞も出てくるから余計にそう感じるだろう。

『気分じゃないの(Not In The Mood)』の歌詞は、とても秀逸だと感じる。

歌詞がなかなか決まらず、今日中に決めなければならいというその日に、彼女が目にした事、体験した事をそのままに綴った1曲。

杖を片手にかけて
タバコに火をつけてる老女を横目に
スコッチを呑んで作詞しているとそこへ
クリアファイルを抱えた人がやってきて
こう言った

「私のポエム買ってくれませんか?
今夜シェルターに泊まるためのお金が
必要なんです。」
ロエベの財布から出したお札で
買った詩を読んだ

この歌詞の次に、元から決まっていた歌詞<Rain, rain, go away Fall on me another day>へと続いていくところが面白い。

まとめ

宇多田ヒカルの世代であっても、自分のように世代でなくても、きっと何か新しい感覚を覚える素晴らしい一枚になっている。

2020年代のJ-POPに新たな価値観を提唱するのが、これまでJ-POPの第一人者として走り続けてきた宇多田ヒカルだというのが音楽の非常に面白いところだ。

作品情報

作品名BADモード
作者宇多田ヒカル
レーベルERJ
発売年2022年2月23日
収録01.BADモード
02.君に夢中
03.One Last Kiss
04.PINK BLOOD
05.Time
06.気分じゃないの (Not In The Mood)
07.誰にも言わない
08.Find Love
09.Face My Fears (Japanese Version)
10.Somewhere Near Marseilles -マルセイユ辺り-
11,Beautiful World (Da Capo Version) (Bonus Tracks)
12.キレイな人 (Find Love) (Bonus Tracks)
13.Face My Fears (English Version) (Bonus Tracks)
14.Face My Fears (A. G. Cook Remix) (Bonus Tracks)

3年8ヶ月を経てついに放たれる8枚目のオリジナル・フルアルバム!

TBS系金曜ドラマ『最愛』主題歌「君に夢中」、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング「One Last Kiss」、『brand SHISEIDO』新グローバル・キャンペーン“POWER IS YOU”キャンペーン・ソング「Find Love」、ゲームソフト『KINGDOM HEARTS III』オープニングテーマソング「Face My Fears」、日本テレビ系日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』主題歌「Time」、アニメ『不滅のあなたへ』主題歌「PINK BLOOD」、『サントリー天然水』CMソング「誰にも言わない」など、新たなる宇多田ヒカルの代表作と言うべき楽曲が満載のオリジナル・フルアルバム。タイトル曲「BAD モード」ほか新曲も収録。 (C)RS

コメント